オリジナルの台座パーツで壊れない!扱いやすいコサージュ

March 27, 2019

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ありがとうを花で伝えるママ講師

マリエ・フルールの長峯弓子です。

 

 

今までのコサージュは、アンティークの台座パーツを使用していました。

見た目が素敵なので、資材屋さんから仕入れていました。

 

 

しかし、「洋服に付けづらい」というお客様の声がありました。

あとは、台座が金属なのでお花が取れてしまう…ということもありました。

 

台座にお花を付ける時は、グルーガンで付けるのですが、金属とグルーガンはあまり相性がよくありません。何度も使うとグルーが取れやすくなります。

 

丈夫で壊れない・扱いやすい台座パーツを試行錯誤した結果、オリジナルで作ることにしました。

 

今日は、私が考えたマリエ・フルールオリジナル台座パーツの作り方をシェアしますね。

 

 

こちらは、手芸屋さんで販売されている「くるみボタン」です。大きいのと小さいサイズを使用し、くるみボタンを作ります。 

 

ポイント:大小使うことで洋服に付けやすくなる

 

最初は大きいサイズだけで試してみましたが、小さいのと2個使いすることで洋服に付けるのが楽だという結果になりました。

 

 

小さいサイズの方には、くるみボタンを作る前にピンを縫い付けておきます。ピンを付けた後にくるみボタンを作り、大きいサイズに貼り付けます。

 

 

少し手間はかかりますが、この台座にすることで強度が強くなります。

 

そして、洋服にもつけやすいです!

小さな台座のワンクッションがあるだけで、格段に扱いやすいのです。

 

台座までオリジナルなので、よりハンドメイド感が高まりますね♪

 

 

まとめ

①布を切る

②ピンを縫い付ける

③くるみボタンを作る

④コサージュのデザインを考える

⑤お花やリボンを付ける

 

いかがでしたか?

私は黙々とこのような作業をするのが大好きです。

 

丈夫で壊れない・扱いやすいオリジナルコサージュはマリエ・フルールでレッスンもできます。

 

興味のある方はこちらからお問い合わせください♡

 

 

Please reload

    Mariee FleurのLINE@始めました
新商品やワークショップイベント情報を配信中❤
Featured Posts

選べるのが楽しい♪ナチュラル素材のクリスマスリースレッスン

November 14, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts